名取市不動産の探し方のポイント

仙台市内の住宅地が飽和状態にある中、名取市不動産の役割が増しています。名取市で不動産を探す場合のポイントは、名取市の特徴をよく知ることです。名取市の大半は仙台平野に位置します。西部は、奥羽山脈まで続く丘陵地帯となっていて、地理的な特徴となっています。名取市の北部は仙台市と隣接し、生活圏は仙台市と密接に関わっています。一方、名取市役所の西側には旧市街地があり、その周囲には比較的古い住宅地が位置しています。南東部には仙台空港が立地し、周辺は物流拠点や、工場、倉庫が建ち並んでいます。沿岸部には閖上漁港があり、市民に魚介類を提供しています。仙台空港アクセス線の沿線には大型ショッピングセンターが立地し、県の南部をはじめ、隣県からも買い物客が訪れています。

仙台市へのアクセスに便利な北西部の住宅地

名取市不動産の目玉は、市の北西部の丘陵地帯に位置する住宅地の物件です。市内では比較的新しく開発された住宅地のため、新築物件の売出しが続いています。中古物件の流通も盛んで、各年代層の購入希望者が、度々訪れています。北西部の丘陵地帯は地盤が良く、洪水被害や津波被害には遭わないため、資産価値が認められています。住宅地の開発においては、地盤が想定よりも硬く、造成工事に遅れが生じたほどです。仙台市南部と直接接する立地は、仙台へ通勤や通学をする居住者にとっては魅力的な場所です。宅地は一般的に十分すぎる広さを有しています。しかし、建築協定により建築できる範囲に規制があるため、それほど余裕があるわけではありません。住宅地はクルマでの移動が原則です。クルマを所有していない場合は、公共交通機関の利用が可能かどうかの確認が必要です。

新しい街並みがつくられる仙台空港アクセス線沿線

名取市の街並みは急速に変わりつつあります。中でも、仙台空港アクセス線の沿線は、新しい住宅地が開発されています。杜せきのした駅の近くには、大型ショッピングセンターが立地し、多くの買い物客を集めています。周辺には住宅も建ち並び、新たな街並みが形成されています。名取市役所周辺も整備され、環境の良い住宅地が出来ています。名取市不動産を探す場合のポイントは、環境良さと立地条件を見極めることです。仙台市へのアクセスが重視される場合は北西部の丘陵地帯から物件を探すのが良く、仙台市への頻繁なアクセスが必要なければ、名取市役所周辺や、仙台空港アクセス線沿線の住宅地が適しています。旧市街地と周辺の住宅地では、洪水被害が発生しやすい場所があり、注意が必要です。沿岸部は震災からの復興が進んでいます。